音の名前と演奏

私は趣味で楽器の演奏をしているのですが、演奏でよくやってしまう失敗が、「♯(シャープ)や♭(フラット)を落とす、あるいは不要なのにつける」というものです。ド♯を鳴らすべきときにドを鳴らしてしまったり、シを鳴らすべきときにシ♭を鳴らしてしまったりすることが、よくあります。ソを鳴らすべきときにラを鳴らしてしまうことなどもありますが、比較するとずっと少ないです。

その理由は、「♯や♭は、頭の中で歌っていないから」だろうと考えています。私は、演奏中は頭の中でドレミで歌っています。このとき、例えば、演奏する音が「ド♯、レ♯、ミ」だったとしても、頭の中で歌うのは「ド、レ、ミ」です。♯があるかなどは、別のところで意識しているのですが、それが、頭の中での歌と比べると、不確かなものなのだろうと想像しています。

そして、♯や♭を頭の中で歌わない、歌えない理由は、歌う音に収まらないからです。ひとつの音に収めやすいのは、「ド」や「ファ」のような一音節でしょう。「ミフラット」のような長い言葉を、ひとつの音にはめるのは困難です。

では、一音節で♯や♭も表せればよいのではないか。そう考えたときに、ドイツ音名に思い至りました。ドイツ音名は、「ド」~「ソ」を「C」~「G」、「ラ」を「A」、「シ」を「H」、「シ♭」を「B」とし、♯がつく音は対象の音に「is」を、「シ♭」以外の♭がつく音は対象の音に「es」をつけるというものです。例えば、「ド♯」は「Cis」です。「ミ♭」と「ラ♭」は例外で、「Ees」と「Aes」ではなく「Es」と「As」です。したがって、「Ais」と「Eis」以外はすべて一音節です。「Ais」と「Eis」も、二つ目の母音に子音がついていないので、なめらかにひとつの音にはめられそうです。しかも、ドイツ音名は、オーケストラや吹奏楽の団体では、一般的に使われています。

そこで、試しにドイツ音名で頭の中で歌ってみようとしたのですが、残念ながら簡単ではありませんでした。一音節といっても、「F」の読み「エフ」の「フ」や、#や♭がつく音の後ろの「s」が、少なくとも日本人の私には重く、一つの音に音名をはめるのがきついようでした。そして、ドレミほど身体にしみついていないことで、歌うことが難しいと感じました。

なお、すべての音の名前を日本語の一音節に収めることも、可能なはずです。「五十音」という言葉がありますが、日本語の一音節の種類は、50より多くあります。音階の音の種類は7つで、それに#、♭、♮(ナチュラル)、ダブルシャープ、ダブルフラットを加えたとしても42種類です。

そして、実際に、日本語の一音ですべての音の名前を表す方法が、過去にいくつか提唱されているようですが、いずれも普及にはいたらなかったようです。正確な理由として断定することはできませんが、やはり、人々の身体にしみついたドレミがすでにある状況に、たとえ合理的であっても、他のものを浸透させるのは容易ではないということかと感じています。

(祐 )

昔の車の音

車のエンジン音がこの世に初めて鳴り響いたとき、人々はおそらく驚いたでしょう。

エンジンの原理はシリンダーの中で爆発を起こし、その勢いで軸を回転させるというものなので、大きな音がするのは当たり前ですが、長年の進化を経て次第に静かになりました。

今はもはや電気モーターにその役割を譲ろうとしていて、もう姿を消す運命にあるかもしれません。ちょっぴり寂しい感じがします。

そこで、せっかくなので、もう二度と聞けないかもしれない「過去の車が発した音」について振り返ってみます。

  1. ビートル系:空冷式の独特のポッポッポ音。私が生まれ育った国ではビートルは筆頭の大衆車でしたが、そのエンジンは複数の車種にも搭載されていたため、町のあらゆるところからその音が聞こえてきました。
  2. 2ストローク系:今はバイクでしか見かけない形式のエンジンですが、幼いころにはDKWというドイツ系の車に搭載されていて、爆音とともに独特の匂いが印象的でした。
  3. V8系:高級車では今でも普通ですが、ここでいうV8の音はそういった上品な音ではなく、「マッスルカー」独特の荒っぽい音です。当時はフォードやクライスラーの現地版車種に搭載されていて、「チョイ悪」気分を味わいたい人のあこがれの的でした。
  4. 国産車:いろいろありますが、いつか懐かしいと思うようになるのでしょうか。ひたすら合理性を追求し、今の静かな車に姿を変えてきたような気がします。ただ、そんな中、「軽トラック」だけはユニークで、いつかまた聞きたくなる日がくるかもしれません。
1. ビートル系 speaker
2. 2ストローク系 speaker
3. V8系 speaker
4. 国産車 speaker

最近、「古き悪き時代」を懐かしく思うことが増えてきました。これはけっして良いことではなく、どうかしているかもしれません。ただ、脳内には美化された思い出しか残らないものです。そこには「ポッポッポ音」とともに、なぜかわくわくして走る自分の姿があります。

(桜)

弦音

弦音(ツルネ)と読みます。

弓道で、矢を放った際に、弦が弓の上部(関板や姫反など)を打つ音で射の良否を判断する1つの目安になります。 (先頃までNHKでも高校弓道を舞台にした「ツルネ」というアニメが放送されていました)

正しい準備で正しい射を行えた場合、「カン」や「キャン」といった高く短い音を発し、的中します。 悪い射では、「バシャン」と低く濁った音がでます。 的中しても弦音が悪いと気持ちよくありません。

中には「ボン」という低いベースのような音を目指している方もおられます。 「ボン」という陰の音から、的に当たる「パン」という陽の音になるべきとの事。

和弓は、世界で最も長い弓であるため、正しい弦音を発するには道具と力の入れ方のバランスが非常に重要となります。

弦輪の大きさや弓と弦の幅などの準備をしっかりおこない、射の運行においては弓を左右均等に押し引きし、上下左右のバランスをとります。 緩まず引っ張らず、正しい離れにいたると、弓と矢が暴れず、望ましい弦音が響きます。

弦音の音色は、弓の種類や個体差の影響もあります。 その音色にこだわる方も多く、弓を選ぶ際の選択条件の一つにもなります。

こちらは同一の射手が、異なる銘の弓で放った弦音です。

1)竹弓(Y) speaker
2)竹弓(M) speaker
3)カーボン入り(N) speaker

まだまだ引っかかった感じで、よろしくありません。 それでも、たまに正しく良い弦音が出ると爽快です。

特に空気の乾燥した、この冬の時期は固く高い音が出やすく、冷たく張り詰めた空気を破り、清々しい気分となります。 弦音が魔を払う神事にも使われることが納得できます。

参考:鳴弦の儀(坪井八幡宮)

皆さんの近隣の神社でも、弓矢を使った神事が行われているかもしれません。 一度、調べてみてはいかがでしょう。

(一)

«立場によって違って聞こえるサイレン音