良い音を求めて

ずいぶん昔の話ですが、私が中学生の頃、鉱石ラジオを作って深夜放送に聞き入っていたことを、ふと思い出しました。 AMラジオのモノラル放送なので、決して良い音ではないのですが、自分だけのラジオから聞こえてくるビートルズに感動したものです。

友人の家にはステレオセットがあり、左右のスピーカーから聞こえるレコードの広がりのある音は、何度聞いても飽きない臨場感がありました。 その頃は、周波数特性の良いスピーカー/アンプや、揺れの少ないレコードプレーヤーで、録音に忠実な再生を目指したものです。

それから随分時が流れ、DVDの登場やテレビのデジタル化によって、5.1チャンネルで音が収録されるようになります。 前の3台(左右+センター)、後ろの2台(左右)に加えて、低音専用のスピーカーを使い、更に臨場感のある音に囲まれます。

次に登場したブルーレイは7.1チャンネルとなり、前に3台(左右+センター)、横に2台(左右)、真後ろに2台(左右)+低音専用のスピーカーに囲まれます。 この環境で観るディズニー映画「シンデレラ」は感動ものです。

同じ環境で昔のレコードを聴くと、味はあるけれど、何かものたりなさを感じる一方、昔の感動を忘れることはありません。 比較すると良い音とは言えなくても感動だけは記憶に残る。良い音とはそういうものかもしれませんね。

いよいよ12月1日から4Kと8Kのテレビ放送が始まります。(BS4K8KのWEBサイト)
8K放送の音は22.2チャンネルになるそうです。

さすがに自宅に24個のスピーカーは置けないので、より少ないスピーカーで22.2チャンネルの音を感じることができるのでしょう。 東京オリンピックの新たな感動を、この良い音で味わいたいものです。

(嶺)

日日是好日

先日、友人の勧めで「日日是好日(にちにちこれこうじつ)-『お茶』が教えてくれた15のしあわせ-」という本を読みました。エッセイストである森下典子さんが、20歳から習い始めた茶道を通して成長していく過程が、季節の移ろいとともに鮮やかに描かれています。

帛紗(ふくさ)を勢いよく左右に引っ張って「パン!」と音を立てる『ちり打ち』という動作があったり、お抹茶は最後にずずーっと音を立てて飲みきるのがお作法だったりと、“茶道はお淑やかにしずしずと”という勝手なイメージを持っていた私には、意外な発見がありました。

また、お湯が沸くにつれ茶室の中に響く「し、し、し、しー」という『松風』の音、『つくばい』の水面に流れる「チョロチョロチョロチョロ」というせせらぎの音…。目を閉じると自分がそこにいるかのような文章で、表現力豊かというのはこういうのをいうのだなと感じました。掛け軸、お花、和菓子などについても触れられていて、日本の伝統ってやっぱりいいなと、心がほっこりする本でもあります。

「日日是好日」は映画化され、主役の典子を黒木華さん、お茶の先生を9月に亡くなられた樹木希林さんが演じています。私はその二人の声をイメージしつつ読みました。映画は10月13日に公開になったばかり。本と同じく評判が良いようです。映像で…という方はこちらもぜひ。

映画「日日是好日」のサイト

(幸)

自動販売機の音を聞くと

ある音や香りに反応して、ある物事や体験が想起されるということがあると思います。 私の場合、その一つが自動販売機の音を聞くとデータセンターが想起されるというものです。 自動販売機の音と言っても、お金を入れたり、商品が出てきたりする時の音ではなく、 商品の温度を一定に保つためのコンプレッサーなどの定常的、周期的な動作音です。

私は、仕事でよくデータセンターに行きます。データセンターには作業者のために休憩室が 用意されていることが多く、そこには自動販売機が設置してあります。 深夜に小さな休憩室にいると、人もほとんどいないため間近にある自動販売機の動作音だけが 響きます。日中の街中であれば自動販売機の近くにいても余り気になりませんが、 独特な音がします。それで自動販売機の音を聞くとデータセンターが想起されるように なったのだと思います。

自動販売機の音を聞いて頂こうと、ネットに動画や音がアップされていないか調べて みたのですが、商品を買った時の音しかありませんでした。普通は余り気にならない 音なのでしょう。

(光)

«エル・システマ