弦音

弦音(ツルネ)と読みます。

弓道で、矢を放った際に、弦が弓の上部(関板や姫反など)を打つ音で射の良否を判断する1つの目安になります。 (先頃までNHKでも高校弓道を舞台にした「ツルネ」というアニメが放送されていました)

正しい準備で正しい射を行えた場合、「カン」や「キャン」といった高く短い音を発し、的中します。 悪い射では、「バシャン」と低く濁った音がでます。 的中しても弦音が悪いと気持ちよくありません。

中には「ボン」という低いベースのような音を目指している方もおられます。 「ボン」という陰の音から、的に当たる「パン」という陽の音になるべきとの事。

和弓は、世界で最も長い弓であるため、正しい弦音を発するには道具と力の入れ方のバランスが非常に重要となります。

弦輪の大きさや弓と弦の幅などの準備をしっかりおこない、射の運行においては弓を左右均等に押し引きし、上下左右のバランスをとります。 緩まず引っ張らず、正しい離れにいたると、弓と矢が暴れず、望ましい弦音が響きます。

弦音の音色は、弓の種類や個体差の影響もあります。 その音色にこだわる方も多く、弓を選ぶ際の選択条件の一つにもなります。

こちらは同一の射手が、異なる銘の弓で放った弦音です。

1)竹弓(Y) speaker
2)竹弓(M) speaker
3)カーボン入り(N) speaker

まだまだ引っかかった感じで、よろしくありません。 それでも、たまに正しく良い弦音が出ると爽快です。

特に空気の乾燥した、この冬の時期は固く高い音が出やすく、冷たく張り詰めた空気を破り、清々しい気分となります。 弦音が魔を払う神事にも使われることが納得できます。

参考:鳴弦の儀(坪井八幡宮)

皆さんの近隣の神社でも、弓矢を使った神事が行われているかもしれません。 一度、調べてみてはいかがでしょう。

(一)

立場によって違って聞こえるサイレン音

私は例年、大晦日は民宿を営んでいる友人宅の広間で親しい友人達と鍋を囲んで過ごしています。 1年間の思い出や近況などをお酒を交えつつ談笑する時間はとても楽しいものです。

日付が変わった1月1日の午前2時頃に1人が体調を崩してしまい、本人の強い要望で救急搬送を依頼する事になりました。 みるみる内に顔色が悪くなり、息が荒くなっていく様を見ていると大変不安な気持ちになりましたが、遠くから徐々に大きく聞こえてくる救急車のサイレン音がとても心強く感じられました。 普段街中で聞こえるサイレン音がこんなにも違って感じられるとは思いませんでした。

救急車を利用する側、される側、それ以外のそれぞれの立場で聞くサイレン音は、きっと違って聞こえるのだろうと実感した瞬間でした。 新年早々とても勉強になった気がします。

搬送された友人は搬送先の病院で適切な処置を施され、無事に回復致しました。

(理)

気剣体

先日飲み会で、昔やっていた部活の話題がありました。 その中で剣道をやっていた方から、「気剣体」という言葉を聞きました。 最初耳から入ってきた時は、「危険体」と勝手に漢字を当てはめて 「やっぱり危険な技ってあるんですね。」と話を続けていたら、どうも 言葉の意味が全く違うことに気が付きました。

剣道をやっていた方なら、当然ご存じでしょうが、「気剣体」と書くんですね。 剣道では、気合(気)、竹刀の動き(剣)、体捌き(体)の三つが常に一緒に なって打突しなければ有効打突にならないという教えのことだそうです。 面を打つ時に「メン!!」と叫び、小手を打つ時に「コテーッ!!」と同時に 叫ばないといけないとは知りませんでした。

考えてみると試合中に大声を出しているスポーツは多くありますが、 技を出している瞬間に声を同時に出しているのは、剣道と砲丸投げを 思い浮かべます。一瞬の気合い(力を入れる)が必要な時は声を出すと ギアが上がるのでしょうか?

(鈴)

«良い音を求めて