音階

音楽で使う音の種類といえば、ド、レ、ミ・・・いわゆる音階を思い浮かべると思います。
一般に、「ラ」の音は凡そ440Hzで、種類は半音階(#や♭)を含めて12種類とされていますが、皆が思い浮かべる「ド」の音の高さは誰が決めているのか、なぜ12種類なのか、疑問に思ったことはありませんか?
国や地域、年代によって全く異なるものでも不思議ではないような気がします。

実際、音の高さについては、同じ「ラ」の音でも昔はもっと低く、バッハの時代は、今よりも半音近く低かったと言われています。ところが同じ曲でも、少しだけ音程を上ずらせて演奏すると、本来の音程よりも良いように聞こえてしまうことが知られており、段々と高くなっていったようです。
音は、絶対的な音の高さよりも相対変化の方が重要(相対音感)で、曲全体の高さを変更(移調)しても曲調は変わらないため、あまり音の高さの定義は問題にならなかったということですね。
私が学生時代所属していたオーケストラでは、「ラ」の音を440Hzではなく、442Hzで調整していました。
海外のオーケストラでは現在、もっと高く設定しているところもあるようです。
1000年後の「ラ」の音はどうなっているんでしょうか。
あんまり高くなりすぎると、どこかで1オクターブ落とさないと、歌うのに困ってしまうような気がします。

一方、音の種類の方は、物理的・数学的な特性に基づいて定着していったものなので、厳密には細かな違いがあるものの、概ね世界中で大きくは変わらないというのは、大変興味深いものです。
音とは、物体の振動が空気の振動(音波)として伝わるもので、振動数の比率が単純な整数になるものを組み合わせると、調和の取れた音(ハーモニー)になることから音階の概念が生まれました。
例えば、「ド」の2倍の振動数の音は、1オクターブ上の同じ、「ド」という音になります。
「ド」の1.5倍上(比率的には「2:3」の振動数)の音が「ソ」、「ソ」の1.5倍上の音が「レ」のようにして、ドレミ・・・が生まれたと考えられています。
ここら辺の詳しい話は、ここ(調律について)がわかりやすいです。
純正律からシントニックコンマの問題、紆余曲折を経て平均律が生まれるまでの過程が実際に音を聴き比べながら理解することができます。
この12音階から大きく外れた音楽は、クラシックを経て現代音楽と呼ばれるジャンルで模索されていますが、
やはり数学的な理論に基づくハーモニーは強固なもので、大きく注目されるような全く異なる理論に基づく新音楽というのは、なかなか生まれないようです。

(浩)

音楽を買う

平成の終わりに伴ない、いろいろなメディアで平成を振り返る特集を見かけます。4月17日のYahoo!ニュースにも「CD売れて売れなくなった平成」という見出しが付けられたアーティストの小山田圭吾さんのインタビュー記事がありました。

【「音楽は空気の振動に戻りつつある」小山田圭吾と音楽の30年】

この記事の中に「音楽CDの生産金額とライブ・配信の売上高の推移」というグラフがあり、音楽CDの生産金額は1998年をピークに徐々に減ってきていることがわかります。
私が子供だった昭和の時代、音楽を買うと言えばレコードかカセットテープでした。それが平成でCDに変わり、令和が始まろうとしている今は配信(ダウンロードやストリーミング)が主流です。配信限定でリリースされる曲もどんどん増えてきています。私は未だにCDを買う派ですが、この1年を振り返ってみると1枚もCDを買いませんでした。「良さそうな曲がある」「あのアーティストが曲を出した」という時にYouTubeで検索すると、大抵そこで聴けてしまうからです。CDを買う派と言いながらも、品定めには結局無料配信を取り入れています。

先ほどのグラフからは、ここ10年でライブの売上が伸びていることもわかります。小山田さんのいう、“空気の振動”を特別なものと考える人が増えているのかもしれません。現状ライブは人数や場所の制約があり、誰もが参加できるものではありませんが、今後5G(超高速通信)が普及すれば、どこにいてもリアルタイムで、臨場感のある3Dライブを購入して楽しむことができそうです。令和の時代、音楽を消費するスタイルはどう変わっていくのでしょうか。楽しみであり、それについていけるのか少し不安でもあります。

(幸)

音の名前と演奏

私は趣味で楽器の演奏をしているのですが、演奏でよくやってしまう失敗が、「♯(シャープ)や♭(フラット)を落とす、あるいは不要なのにつける」というものです。ド♯を鳴らすべきときにドを鳴らしてしまったり、シを鳴らすべきときにシ♭を鳴らしてしまったりすることが、よくあります。ソを鳴らすべきときにラを鳴らしてしまうことなどもありますが、比較するとずっと少ないです。

その理由は、「♯や♭は、頭の中で歌っていないから」だろうと考えています。私は、演奏中は頭の中でドレミで歌っています。このとき、例えば、演奏する音が「ド♯、レ♯、ミ」だったとしても、頭の中で歌うのは「ド、レ、ミ」です。♯があるかなどは、別のところで意識しているのですが、それが、頭の中での歌と比べると、不確かなものなのだろうと想像しています。

そして、♯や♭を頭の中で歌わない、歌えない理由は、歌う音に収まらないからです。ひとつの音に収めやすいのは、「ド」や「ファ」のような一音節でしょう。「ミフラット」のような長い言葉を、ひとつの音にはめるのは困難です。

では、一音節で♯や♭も表せればよいのではないか。そう考えたときに、ドイツ音名に思い至りました。ドイツ音名は、「ド」~「ソ」を「C」~「G」、「ラ」を「A」、「シ」を「H」、「シ♭」を「B」とし、♯がつく音は対象の音に「is」を、「シ♭」以外の♭がつく音は対象の音に「es」をつけるというものです。例えば、「ド♯」は「Cis」です。「ミ♭」と「ラ♭」は例外で、「Ees」と「Aes」ではなく「Es」と「As」です。したがって、「Ais」と「Eis」以外はすべて一音節です。「Ais」と「Eis」も、二つ目の母音に子音がついていないので、なめらかにひとつの音にはめられそうです。しかも、ドイツ音名は、オーケストラや吹奏楽の団体では、一般的に使われています。

そこで、試しにドイツ音名で頭の中で歌ってみようとしたのですが、残念ながら簡単ではありませんでした。一音節といっても、「F」の読み「エフ」の「フ」や、#や♭がつく音の後ろの「s」が、少なくとも日本人の私には重く、一つの音に音名をはめるのがきついようでした。そして、ドレミほど身体にしみついていないことで、歌うことが難しいと感じました。

なお、すべての音の名前を日本語の一音節に収めることも、可能なはずです。「五十音」という言葉がありますが、日本語の一音節の種類は、50より多くあります。音階の音の種類は7つで、それに#、♭、♮(ナチュラル)、ダブルシャープ、ダブルフラットを加えたとしても42種類です。

そして、実際に、日本語の一音ですべての音の名前を表す方法が、過去にいくつか提唱されているようですが、いずれも普及にはいたらなかったようです。正確な理由として断定することはできませんが、やはり、人々の身体にしみついたドレミがすでにある状況に、たとえ合理的であっても、他のものを浸透させるのは容易ではないということかと感じています。

(祐 )

«昔の車の音