« 「春の音」 | トップページ | 「身体の音」 »

「自然にある音」

"木の葉のそよぐ音"、"小川のせせらぎ"、"小波"これらの自然にある音は非常に心地よく、聞いていてとてもリラックスできます。

小川のせせらぎ

小波

これらの音に共通するものは「1/fゆらぎ」という現象です。「1/fゆらぎ」は人の心拍リズムにも含まれます。人は「1/fゆらぎ」の刺激を、心地よく感じます。

「1/fゆらぎ」には規則性と不規則性が同居しています。規則正しいだけあるいは不規則なだけでは心地よさは生まれません。「1/fゆらぎ」は規則性と不規則性のブレンドが絶妙です。

普段街中で聞く不規則な騒音は不快に感じるものです。しかし、騒音の中にも「1/fゆらぎ」のものがあります。普段多くの人々が利用している電車の音は「1/fゆらぎ」になっています。あれほどの騒音の中でも人が眠くなるのはそのためです。

街中の騒音

電車

大きな騒音でも「1/fゆらぎ」に変換できれば、苦情を減らせる可能性がありますね。目を瞑って、身の回りの音が「1/fゆらぎ」であるか、そうでないかを聞き分けてみると、新しい発見があるかもしれません。

(秋)

« 「春の音」 | トップページ | 「身体の音」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。