« 「サラウンド」 | トップページ | 「夏の定番な音(セミの鳴き声)」 »

「お勉強」

最近、クラシック調のWatermelon man(ハービー・ハンコック)がひたすら流れている素敵な職場に出会った私です。こんなアレンジあったんだなぁ、と。しかし一日中同じ…。

という事で突然ですが、みなさんは勉強する時に音楽を聞きますか?仕事をする時は?オフィスに音楽は流れていますか?

昔から、「音楽を聴きながら勉強する」事の是非については色々議論されている事と思います。「好きな音楽、嫌いな音楽の場合集中力が落ちる」「バロック音楽なら勉強の能率があがる」なんて聞いた事ありますよね。それぞれいろんな研究結果がありますが、音と記憶の興味深い内容として、次の2つがある事を知りました。

・言語的情報は音として記憶に変換される
・「言語的な音声」を聴きながらだと記憶への妨害効果がある

これを踏まえると、次のような人には効果があるのかも知れません。

・普段から歌詞を聴かない人、ボーカルの無い音楽または洋楽など言語的情報がわからない物なら良いかも
・絶対音感を持っていないと良いかも(音を符号化して言語的に聴いてしまう)

頭から、勉強や仕事中に音楽なんて…と否定せずに色々試してみるといいかもしれません。

注意:頭から離れない系の音楽は危険です。某通信販売や某量販店のテーマソ
ング、ベタベタのCMソングなどは頭の中でリピートし続け勉強が手に付かなく
なる恐れがあります。気をつけましょう。

(尻)

« 「サラウンド」 | トップページ | 「夏の定番な音(セミの鳴き声)」 »

コメント

記憶に作用するかは、私の場合は種類というより音量にもよるかもしれないです。

蚊の鳴くような音量だと、
-音の存在に気づくまでは「地」ですが
-いったん気づくと努力して余計に注意をひかれて「図」になる
デカい音量だと、
-注意をそらそうと器官が勝手にはたらいて「地」になる
ということかなぁと勝手に思ってます。

ヘッドフォンで音楽聴きながら勉強するときは、ガンガン鳴らしながらが一番集中できる気がしてます。(外への迷惑を考慮しなければですが)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「サラウンド」 | トップページ | 「夏の定番な音(セミの鳴き声)」 »