« 「イルカの声」 | トップページ | 「音楽を奏でる電車」 »

「虫の声」

いつの間にか朝夕は涼しくなり、日が暮れれば秋の虫の音が聞こえてくるようになりました。日本には、秋の虫の音を楽しむという風流な文化があり、虫に関する多くの擬音があります。

「蟲のこゑ」(文部省唱歌)
一、
  あれ 松蟲が鳴いてゐる
  ちんちろちんちろ ちんちろりん
  あれ 鈴蟲も鳴き出した
  りんりんりんりん りいんりん
  秋の夜長を鳴き通す
  ああ おもしろい蟲のこゑ
二、
  きりきりきりきり こほろぎや、
  がちやがちやがちやがちや くつわ蟲、
  あとから馬おひおひついて
  ちよんちよんちよんちよん すいつちよん
  秋の夜長を鳴き通す
  ああ おもしろい蟲のこゑ

ある世代以上だと、この虫はこう鳴くという擬音がすぐに連想できると思いますが、私はちょっと怪しいです。近所では「リリー、リリー」という虫の音がよく聞こえますが、その擬音に当てはまるのは、どうやらアオマツムシのようです。

「虫が鳴く」と言っても、口ではなく、羽をこすり合わせることによって音を出しているのですが、「鳴く」という表現にも趣がありますね。

(佐)

« 「イルカの声」 | トップページ | 「音楽を奏でる電車」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「イルカの声」 | トップページ | 「音楽を奏でる電車」 »