« 「嚥下音」 | トップページ | 「地鳴り」 »

「チンする」

一人暮らしをしているよくお世話になる電子レンジ。電子レンジで料理を温めることを「チンする」とよく言いますね。

これは、有名な話ですが、シャープが日本で最初に家庭用の電子レンジを発売した際に、開発を行っていた研究所の近くに自転車屋があり、そこで自転車のベル」を買ってきて、タイマーが終了したら、そのベルを鳴らしていたことがきっかけだとか。当時はまだ電子化されていなかったので、タイマーもゼンマイ式、ベルも機械仕掛けだったので、似た音になったとのこと。
それが、日本全国で、「電子レンジで料理を温めること」=「チンする」と言い換えられるほど、言葉になるとは夢にも思わなかったことでしょう。

でもどうして「チンする」なんて言い方が定着したんでしょう?
調理をする日本語には、「煮る」、「炒める」、「焼く」、「蒸す」、「揚げる」、「茹でる」等ありますが、「温める」という調理法は、きっと無かったのではないでしょうか? 「温める」というのは、調理法ではないですが、電子レンジの出現によって、初めて調理法として、のし上がってきた。
そんな新参者の調理法に、新しい名前「チンする」がつけられた。どうなんでしょうね。
勝手な素人考えでした。

ちなみに、動作音が、そのまま言葉になってしまった身近なものって、こんなものがありました。

「ピンポンする」(玄関で呼び鈴を鳴らす)

(鈴)

« 「嚥下音」 | トップページ | 「地鳴り」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「嚥下音」 | トップページ | 「地鳴り」 »