« 「音で体重を測る?」 | トップページ | 「歯医者」 »

「しゃべりのりずむ」

最近、仕事で関西方面によく行っています。

昼、夜など街中で食事をしている時には周りから“大阪弁”と呼ばれる方言が当然の様に聞こえてきます。

最初は漫才の兄さんと同じ話し方だなぁ、位にしか思わなかったのですが、次第に関東とはコミュニケーションの取り方やしゃべりのテンポ、リズムが違うことに気づいてきました。

漫才のボケとツッコミではないですが、常に相手の反応を待ちつつ、総じて会話のテンポが非常に速く、スムーズに、ぽんぽん流れていく感じ、まさにキャッチボールです。

私が聞き耳を立てている所が、繁華街ということもあり、場所柄(居酒屋)もあるのだと思いますが、テンポの良い スムーズな会話が非常に心地よく感じました。

数多く言葉を交わす中で相手の気持ちを理解していく、コミュニケーションの原点なんだと思いますが、 大阪に人を泣かせるブルースが多いことが、何となく納得できた夜でした。

(信)

« 「音で体重を測る?」 | トップページ | 「歯医者」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「音で体重を測る?」 | トップページ | 「歯医者」 »