« 「奥大井川で収録したコノハズクの声」 | トップページ | 「不快な音」 »

「生の音に触れる効用」

ジャングルの音には、遠くで鳴く鳥やサルの声、植物の葉っぱが風に擦れる音、水が流れる音などいろんな音が含まれています。最近分かったらしいのですが、ジャングルの音など自然界の音には超音波の成分がたくさん含まれていて、人間がそれを聴くとストレスが癒されるらしいのです。たとえばジャングルの音を従来の録音装置で録音して、部屋で再生しても、超音波の成分がないので、この癒しの効果がないという。

でも人の耳には超音波は聴こえないはず。なぜこのような癒しの効果があるのでしょうか?ある実験によると、人間は皮膚でこの超音波を感じているらしいのです。皮膚で音を感じているというのは驚きです。

最近、以前よりもイヤホンで音楽を聴くことが増えているのではないでしょうか。その音楽ソースには超音波は含まれていないし、耳だけで音を感じているという大変不自然な状態になっています。これでは音楽を聴いてストレス解消ではなく、逆にストレスを増やしてしまうかもしれません。生の音楽を聴く機会を増やしたいものです。

(太)

« 「奥大井川で収録したコノハズクの声」 | トップページ | 「不快な音」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「奥大井川で収録したコノハズクの声」 | トップページ | 「不快な音」 »