« 「真実の重さ」 | トップページ | 「秋の音」 »

「自然の音」

今年の夏休みは久しぶりに実家に帰りました。

私の実家の周りは山と田んぼのあるのどかな所です。

今年は引越しをして、住宅地から大通りに面した場所に住みはじめてわかった事がありました。

大通りに面していて交通量が多くても、仕事をしていれば昼間は家にいることもないし、駅も近いしいいかも!と簡単に部屋を決めたのですが夜でも少し車の騒音が気になります。。

窓を開けると車、電車の音が聞こえる。そんな所に住みはじめると、今まで普通に聞いていた『自然の音』が 心地良いんだということに気がつきました。

実家では、家に居ても犬と散歩をしていても聞こえてくる、『風の音』 『鳥・虫の鳴き声』 『川の水が流れる音』『草・木のゆれる音』
少し聞かないだけなのにいろんな音が懐かしく感じました。

田舎なんて何もなくてつまんない。と思っていましたが、そんな田舎でも、私のいまの生活にはない『自然の音』がいっぱいありました。

(衣)

« 「真実の重さ」 | トップページ | 「秋の音」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「真実の重さ」 | トップページ | 「秋の音」 »