« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

「元気な理由(わけ)」

皆さんはご存知でしょうか?

JR西日本には「ICOCA(イコカ)」と言う、電車の切符代わりに運賃を支払ったり、コンビニで買い物ができるICカード券があります。JR東日本が提供する「Suica」と同じ機能のICカードです。(※ICOCAには「ほな、行こかぁ」という語呂合いがあります)


とある朝の出来事・・・
JR六甲駅の改札で、ハイキング姿のご婦人(関西では「オバチャン」と呼びます)が、ある無人駅の改札で「ICOCA」を上手く使いこなせなかった苦い体験談を、大声を張り上げて仲間のオバチャンに話してました。

「あのなぁ、駅おりて、ホナ行こか、言うたさかい、駅出られへんやんかぁ。一体なんやねん、このICOCAって! 駅も出られへんから、ほな帰ろうか、言うしかあれへんやん、そな言うて駅員どなりつけてやってんわ」

ということがあったらしいです。

まぁ、朝早くから、それはそれは「元気」なオバチャンでした。

関西のオバチャンは、振り込め詐欺には引っ掛からない、という伝説もありますが、とにかく「よくしゃべります」。


ここ最近では、ビジネスマンの社会でもメール文化が定着し、ちょっとしたことでも「メールで会話する」と言うことをよく耳にします。

そんな静かなオフィス環境は、一見、仕事がはかどっているように感じられますが、実は「元気のない(内気な?)」社員の集まりだったりすることはないでしょうか?

関西のオバチャンに見習い、とにかく「人」といっぱい「話す」こと。
これが「元気」を生み出し、職場を活性化し、企業発展の「源」になるのではないだろうかぁ? と感じた出来事でした。

ところで、オバチャン、無人駅や言うたのに、駅員にどなして文句言うたん?(話し作ってへんか?、おばちゃん!)

(愼)

「コスモス」

今回は「ことば」の話題です。

そろそろコスモスの花が見ごろですね。控えめな可憐さがとても秋らしく感じられます。秋晴れの空に、白や濃淡のピンクのコスモス畑がよく似合います。

コスモスの英語の綴りは cosmos ですが、宇宙を表す「コスモ」も英語では同じく cosmos で、発音も一緒です。なぜ宇宙と花が同じ名前なのか?と思って調べてみたら、語源が同じでした。

cosmos は、ギリシャ語で「秩序」「調和」を意味します。これを由来として、星が秩序立って並んでいる宇宙が cosmos と呼ばれ、花びらが整然と並ぶこの花も cosmos と名付けられたそうです。確かにコスモスは、実にスッキリしてまとまりのある姿をしていますね。

語源が同じでも、まったく別の物の名前になる。言葉は面白いなと思います。

(津)

「秋の音」

10月になりました。
ついこの間までは半袖のシャツで過ごせていたのに、すっかり秋模様です。

私の家の周りは、まだまだ自然に触れる場所が多く、先日は近所の生田緑地に散歩に行ってきました。生田緑地は「古民家園」や「岡本太郎美術館」があったり、と芸術の秋も堪能できる素晴らしいスポットです。

夕方に訪れたので芸術鑑賞はせず、山の中を一時間ほど歩いてきたのですが、多くの秋を感じさせてくれる音を聴く事ができました。

スズムシやコオロギの鳴き声。
ドングリが落ちてくる音。

ひとりで自然の音に耳を傾けながら散歩するのもたまにはいいものでした。

もう1ヶ月くらいしたら、今度は紅葉がキレイになるでしょう。そこではまた違った秋の音が楽しめると思います。

また生田緑地に行こう!と思ったお話でした。

(周)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »