« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

「お湯がとても熱く沸いた時の"ちんちん"」

「お湯がちんちんに沸いてる」って言いませんか?

先日の飲み会の時、お風呂が沸くことの表現の話しがなぜか出てきて、そりゃ「ちんちん」に沸かさんといかんわと言ったところ、いきなり「何?」という顔つき。。
そんな言い方は方言だし、ちょっと誤解を受けると、そりゃもう責められまくりでした。その場にいた10名ほどに聞いて回ったところ、3人ほど頷く顔がありました。
ちなみに広辞苑(第五版)で調べてみると、7番目に「鉄瓶(てつひん)の湯の沸騰する音」と出ていました。一安心です。ただ調べてみると、東海三県あたりで使われているらしい。やはり方言なのでしょう。ちなみに私は名古屋出身。

「い(i)」音のフォルマント周波数は、F1は250~350Hzですが、F2は母音の中で最も高い2,000Hz以上です。「い」の音は高いと言うことです。「ちんちん」=ChinChinの「i]が表現する高い音が、鉄瓶が高温で振動する音を擬音化して、「ちんちん」と言ったのはないかと自己分析しています。ちなみに、ちんちん電車(古い!)は、あの短くて高い金属音のベルの音そのままですね。

逆に冷たいときの表現で、「きんきん」(ビールきんきんに冷やしておいたよ。頭がきんきんしてきた)がありますが、これは全国区のようですね。でも広辞苑には、2番目に「頭や耳に感じる鋭い痛み」としか出ていませんでした。かき氷を食べて側頭部が痛いと感じる所から、冷えてることを「きんきん」と表現するようになったので しょうか。

(鈴)
(English)

Don't you say "chinchin" when the water is boiling ?
During yesterday's party, I do not know why, but, we started talking about how to express the sound of boiling the bath basin water. When I said "chinchin", some people had a question mark on their face.
Actually, saying that word can be the cause of a very big misunderstanding. As a matter of fact, only 3 people out of 10 had nod their heads for agreement. And, after searching in the Japanese dictionary the 7th explanation was:"the sound of the iron kettle when the water are boiling". And, that usage of the expression "chinchin" is popular in the area of Gifu,Mie and Aichi prefectures. As I was guessing the dialect is used particularly in that area, And , by the way I am from Nagoya (Which is the capital city of Aichi prefecture).

From the technical side , the analysis of the formant "I" bring about the following results:F1 has the value of 250~350Hz and F2 is above 2000Hz ,"I" frequency is very high among the vowels. My self analysis is that "chinchin" comes from the vibration of the kettle when the water are boiling. Another usage is,"chinchin train"(An old expression) which expresses the high and short sound of the train bell which is made out of metal.

As opposed to "chinchin", the expression "kinkin" is used all over the nation for expressing coldness, for example ,"my head became kinkin from the cold beer". And, as a matter of fact, after searching the Japanese dictionary again, the second explanation was "the biting pain which is felt in the head and ears".I think that , maybe that expression comes from the pain felt in the side of the head when eating Japanese shaved ice...

「ネット用語orz」

インターネットやメールでよく見る表現、例えば「コレはいいwww」といった使い方をする「w」。
ちょっと前だったら「(笑)」とか書いていたと記憶していますが、ここ数年は特に違和感もなく「w」を使ってしまっています。

他にも「orz」とか「くぁwせdrftgyふじこ」とか、ネット上を徘徊していると特有の表現をちらほら見かけます。
テキストの見た目そのものに意味合いを持たせたり、指をキーボード上で走らせただけのテキスト文字列にニュアンスが付加されているということが多くの人(といっても限定されたコミュニティ内の話ですが)に認知されているというのは面白いです。
ただ、これらの文字列は「読み方がない」のですよね。当たり前ですが。

「orz」を見た場合、私は「ガーン」とか「ウワァァァ」といった効果音を足して読んでいますが、人によってそれぞれ違った音が頭の中で再生されていたりするのでしょう、きっと。

こんな「どう読むのか分からないけど意味は通じる文字列」をどう発音して読むとしっくりくるか。
いろんな人に聞いて回ったら面白そうですね。

あなたは「orz」を見たらどう読みますか?頭の中で何か音を足していたりしますか?

(周)


(English)

The "orz" emoticon

"That is a good www" or "w" are emoticons seen in the internet for quite a while. Until not long ago , "笑"(The Japanese version for the :-) emoticon) has been used ,but recently "w" became more popular.

On the net sometimes "orz" , "くぁwせdrftgyふじこ" or other emoticons can be seen. It is interesting that a text as it self have a meaning, for quite many people(That means , for some limited communities). Obviously those words have no meaning.

When I see "orz" I feel like some thing hit my head, or "wow" inside my head. It may be interesting to show other people those meaningless words, and, ear from them about how they will pronounce them. What about you, how will you read "orz"?

When seeing that word what is going on in your head?

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »