« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

「駅の案内放送」

 駅のホームの「案内放送」では、上り・下りを識別するために、男性の声と女性の声を使い分けて案内されるのが一般的です。

 これは、同一な音声を使用すると、上りと下りの案内が聞き分け難いことへの配慮と考えられます。

 また、地域によっては、「列車が到着します。お気をつけください」という案内音声も、語尾を強調して上がり調子で「お気をつけください!」と表現していたり、注意喚起の方法もいろいろと工夫されているようです。

 そう言えば、大阪の「地下鉄御堂筋線」の案内放送も、なにか耳に残る工夫(?)がされているようです。

 「扉が閉まります」というフレーズ、男声は普通の平坦なイントネーションで発声してますが、女声の方は「ト’ビラ」と「ト」を強調して発声しています。

「扉が閉まります - 女性」(2秒)

「扉が閉まります - 男性」(2秒)

 このちょっと変わった「発声」は、関西弁とは関係ないと思われますが、一体どんな意図が込められたものなのでしょうか。

 あまりに気になりすぎて聞き入っていると、うっかり乗り過ごしてしまいそうになってしまいます。。。

(愼)


(English)
"Japan Railway Station Guidance Broadcast"

Japan railway station guidance broadcast uses both man and woman voices in order to distinguish between the route to and from Tokyo.

Using just one type of voice makes it hard for the passengers to distinguish between the routes.

In every area, there are different ways for using the voice technique in order to express cautions. For example, Highlighting the part "be careful!" in the sentence "The train is coming please be careful".

Come to speak of it, I have noticed that in Midosuji line in Osaka area there is some twist in the guidance broadcast.

The guidance "The door is closing" is pronounced as usual in case of a man's voice. But, in case of a woman's voice the "d" is highlighted.

As an example:

"The door is closing"(A woman voice - 2 seconds)

"The door is closing"(A man voice - 2 seconds)



Maybe, the Kansai dialect is the cause for using those 2 different pronunciations,

Listening very carefully to the pronunciations can make someone accidentally miss his stop

「熊本県」

5月「母の日」、6月「父の日」あまり実家に連絡しない私が唯一こちらから一報を入れる時期。そこで出身地である「熊本県」についてご紹介します。

熊本県には有名な観光地として熊本城があります。忍者をもってしても上がれないという石組の「武者返し」が有名ですが、上益城郡山都町(旧矢部町)という地方に同じ石組構造の"通潤橋"という観光地があります。あまり馴染みの無い名所かと思われますが実は、環境省選定で「残したい日本の音風景100選」にも選ばれている名所なのです。
http://www-gis2.nies.go.jp/oto/data/scene/index.asp?info=91

通潤橋は人や車を通す橋ではなく、橋の上に石造パイプ3列の通水管を通した水路橋であり、江戸時代ペリー来航騒ぎの最中、安政元年(1854)に完成したものだそうです。

初めて父に連れて行ってもらったのは確か。。小学校の低学年の頃だったと記憶してます。その頃は一番印象に残っているのが通水口(排出口)の水の音が物凄く、幼少の私は物凄い音勢に吸い込まれるのではないかとドキドキしていたのを覚えてます。通潤橋の放水風景写真をみてもらえれば少しは伝わるかも。。。
http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/isibasi/isib_tujun.html

温泉で有名な阿蘇の近くにこの「通潤橋」はありますので是非、通水口(排出口)の物凄い音勢を感じて頂きたい。

(直)

(English)

"Kumamoto Prefecture"

I usually do not call to my parents very often, but, on May(Mothers day), and on June(Fathers day) I am the first one to call. I want to introduce ,Kumamoto prefecture, which is the place where I was born and also the place where my parents live.

In Kumamoto prefecture there is a famous tourist spot which is called "The Kumamoto castle".It is said that even the famous Ninjas could not climb the Stone structure which defends the castle against enemies. I want to introduce another tourist spot called "Tsujun"(It is a stone arrangement structure ), located in kamimashiki county yamato city it is not so famous , but, it was selected by the ministry of the environment as one of the "100 selected soundscape spots in Japan".Please refer to the link below to see some photos:
http://www-gis2.nies.go.jp/oto/data/scene/index.asp?info=91

"Tsujun" is not used as a passage bridge for people or cars, on top of it there are 3 pipes used to pass water, it was established during Ansei era(1854) Edo period, during Commodore Matthew Calbraith Perry visit.

I remember the first time when my father took me there, back then, I was during the lower grades of elementary school. And what was mostly imprinted in my mind is the incredible sound of the water splashing from the pipe. I was just a little child and that powerful sound made my heart shake.
    The landscape photos of "Tsujun" will describe itself in the following link:
http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/isibasi/isib_tujun.html

"Tsujun" is located near a famous hot spring in Aso,so please, come and hear the incredible sound of the water discharging from "Tsujun".

「心地よいリズムとは」

私は趣味で楽器演奏をやっていまして、週末はセッションやバンド活動の練習などによく参加しています。
その中で、私は主にベースを担当しているのですが、ベースとは実はドラムと同じくらい重要なリズムパートでして、特にジャズやラテンといったリズムに特徴のあるジャンルでは、ベースなしには成り立たないといったことも多々あります。
そのため、他のメンバーからの指摘も厳しいものです。。

もちろん、しっかりした演奏ができるようになるためには日々の練習が欠かせないわけですが、その中で一般的によく挙げられる練習方法として、メトロノームを使った方法があります。

昔のメトロノームといえば、おもりの付いた振り子が左右に振れるときに音が出るという機械式のものが思い出されますが、最近はほとんど電子式のものが主流になっています。
私はPCのソフトウェアに含まれているメトロノーム機能を使用しています。

メトロノームを用いた練習方法は様々で、音に合わせて弾くことはもちろん、裏拍をとる(クリック音の鳴っている間を弾く)練習や、さらに複雑なリズムパターンの練習に用いたりと、実はとても奥深いものです。

さらに興味深い話として、あるプロフェッショナルのミュージシャンがメトロノームを用いて演奏を行い、それを聴いていた人が演奏のかっこよさにとても感動して、特に後ろで鳴っているクリック音のリズムがすばらしい、とおっしゃられたそうです。

もちろん、それは普通のメトロノームでして、単にミュージシャンの演奏がすばらしかったからなのですが。

しかし、それはメトロノームが発する均等なテンポが、他の楽器とのアンサンブルによって心地よいリズムと感じることができたのだと思います。

機械的に思えるメトロノームの音ですが、よく聴いてみると心地よくなれるのかも知れませんね。

(南)

(English)

「The metronome pleasant rhythm」

My hobby is playing instruments, on the weekend I often practice with a band or join in some session.

My main part is bass. Bass, as same as drums, plays a very important role as the rhythm leader, nothing can be done with no bass, especially in special genre rhythms such as jazz or Latin. That is why, usually, other members indications are very strict.

Obviously, in order to play solidly it is necessary to practice daily, and during practice, I usually use metronome.   

When talking about the old times mechanical metronome, one can recall an adjustable weight on the end of an inverted pendulum rod to control the tempo, but, that was back then, nowadays electronic metronomes are used.I use a pc software metronome.

There are many ways to practice using a metronome, for example, up beat practice in adjutancy to the metronome clicks, or, further practice with more complicated rhythm patterns which can be actually very profound.

On top of this is a very interesting story about a professional musician which uses metronome when playing. And, when people heard his performance while in the background was the wonderful clicks of the metronome, said that they were very impressed from the metronome sounds. Actually it was just a regular metronome what was really wonderful was the musician performance.

I think that the constant tempo of the metronome can bring about a very pleasant feeling when ensemble with other instruments.
The metronome sound is mechanical, however, when listening really carefully I think that it produces a pleasant rhythm.

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »