« 「オルゴールの音色」 | トップページ | 「熊本県」 »

「心地よいリズムとは」

私は趣味で楽器演奏をやっていまして、週末はセッションやバンド活動の練習などによく参加しています。
その中で、私は主にベースを担当しているのですが、ベースとは実はドラムと同じくらい重要なリズムパートでして、特にジャズやラテンといったリズムに特徴のあるジャンルでは、ベースなしには成り立たないといったことも多々あります。
そのため、他のメンバーからの指摘も厳しいものです。。

もちろん、しっかりした演奏ができるようになるためには日々の練習が欠かせないわけですが、その中で一般的によく挙げられる練習方法として、メトロノームを使った方法があります。

昔のメトロノームといえば、おもりの付いた振り子が左右に振れるときに音が出るという機械式のものが思い出されますが、最近はほとんど電子式のものが主流になっています。
私はPCのソフトウェアに含まれているメトロノーム機能を使用しています。

メトロノームを用いた練習方法は様々で、音に合わせて弾くことはもちろん、裏拍をとる(クリック音の鳴っている間を弾く)練習や、さらに複雑なリズムパターンの練習に用いたりと、実はとても奥深いものです。

さらに興味深い話として、あるプロフェッショナルのミュージシャンがメトロノームを用いて演奏を行い、それを聴いていた人が演奏のかっこよさにとても感動して、特に後ろで鳴っているクリック音のリズムがすばらしい、とおっしゃられたそうです。

もちろん、それは普通のメトロノームでして、単にミュージシャンの演奏がすばらしかったからなのですが。

しかし、それはメトロノームが発する均等なテンポが、他の楽器とのアンサンブルによって心地よいリズムと感じることができたのだと思います。

機械的に思えるメトロノームの音ですが、よく聴いてみると心地よくなれるのかも知れませんね。

(南)

(English)

「The metronome pleasant rhythm」

My hobby is playing instruments, on the weekend I often practice with a band or join in some session.

My main part is bass. Bass, as same as drums, plays a very important role as the rhythm leader, nothing can be done with no bass, especially in special genre rhythms such as jazz or Latin. That is why, usually, other members indications are very strict.

Obviously, in order to play solidly it is necessary to practice daily, and during practice, I usually use metronome.   

When talking about the old times mechanical metronome, one can recall an adjustable weight on the end of an inverted pendulum rod to control the tempo, but, that was back then, nowadays electronic metronomes are used.I use a pc software metronome.

There are many ways to practice using a metronome, for example, up beat practice in adjutancy to the metronome clicks, or, further practice with more complicated rhythm patterns which can be actually very profound.

On top of this is a very interesting story about a professional musician which uses metronome when playing. And, when people heard his performance while in the background was the wonderful clicks of the metronome, said that they were very impressed from the metronome sounds. Actually it was just a regular metronome what was really wonderful was the musician performance.

I think that the constant tempo of the metronome can bring about a very pleasant feeling when ensemble with other instruments.
The metronome sound is mechanical, however, when listening really carefully I think that it produces a pleasant rhythm.

« 「オルゴールの音色」 | トップページ | 「熊本県」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オルゴールの音色」 | トップページ | 「熊本県」 »