« 「音と写真」 | トップページ | 「パイプオルガンの音色」 »

CDのエンファシス

先月末に世界的に有名な歌手のマイケル・ジャクソンさんが亡くなるというショッキングなニュースが流れました。

私がマイケル・ジャクソンさんの曲を初めて聞いたのは中学2年生のときでしたが、当時流行ったアルバム「スリラー」をLPレコードからカセットに落としたものをたまに聞く程度で、それほど熱狂的でありませんでした。ただ、その年の学校の体育祭では、応援合戦の際に、あるクラスがそのアルバムの「Beat it」という曲に合わせて、クラス全員が踊るという応援をしていたのをはじめ、ほとんどのクラスがBGMにそのアルバムの曲を使っており、すごいブームであったことは記憶しています。

別の話でこの「スリラー」というアルバムで思いだされることがあります。
時代がアナログのレコードからデジタルのCDに移り、自分でもようやくCDプレーヤを持つようになり、アルバム「スリラー」をCDで聴いたときの話です。
この「スリラー」を再生すると、自分のCDプレーヤの今まで点灯したことの無い位置のLEDが点灯していました。よく見ると「Emphasis」と書いてあります。
CDについて知識が薄く、この「Emphasis」についても知らなかったので調べてみたところ、音質を確保するの手段の1つであり、録音時にあらかじめ音声の高音域を強調しておき(プリエンファシス)、再生時にはその高音域のレベルを下げる(ディエンファシス)ことにより、高音域のノイズを抑えるという技術であることがわかりました。

これはデジタル系に比較して、当時のアナログ系のSNがよくなかったため、もともとのレコード用アナログソースに対し、アナログ系の残留ノイズを聴こえにくくするために入れていたのだと思います。また、今の音楽CDではわざわざその様なことはしていないそうですが、それは当時に比べてアナログ系の技術もかなり進んだということだと思います。

このアルバムは全世界で1億500万枚売れたそうですが、いい機会なので、また「スリラー」を探し出して聴いてみたいと思います。

(土)


(English)

"CD Emphasis"

At the end of last month, shocking news were spread that Michael Jackson, one of the world's famous singers, has died.

It was when I was just in the eighth grade that I heard the music of Michael Jackson at the first time.At that time I dropped the popular "Thriller" from an LP record to a cassette, but I did not listen to it so often.

At the yearly Athletic Festival event , I can remember that "Thriller" was a great boom, most of the classes at that time used that album for their BGM, one class had performed the song "Beat it" which is also from the same album.

Another story that I can remember about "Thriller", is the time when analog records started to be converted to digital cd's. At that time I purchased my first cd player and started listening to "Thriller",

A led which was not turned on until now, suddenly turned on when I replayed that cd. When looking carefully I saw that "Emphasis" was written, I do not know much about cds, but, when searching about "Emphasis" I found out that it is a system which is used in order to minimize high-tone range noise distortion.The whole system is divided to Preemphasis and Deemphasis.

Preemphasis is used while recording for increasing the high-tone range(treble), and ,Deemphasis is used while replaying for decreasing the high-tone range(treble).

At that time analog SN techniques were not so good, and that technology was used in order to reduce Analogical Noise while recording.

In comparison to back then , today's analog system technology is much more advanced and that noise reduction system is not used in the present music cds.

"Thriller" seems to have been able to sell 105,000,000 worldwide. And since it is a good opportunity , I want to listen to "Thriller" one more time.

« 「音と写真」 | トップページ | 「パイプオルガンの音色」 »

コメント

Emphasisが掛かっているCDを探すのが最近は大変ですもんね。

それより、最近のCDPでEmphasisのLED表示があるプレーヤってあるのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「音と写真」 | トップページ | 「パイプオルガンの音色」 »