« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

「横浜開国博 Y150 La Machine」

家族と「横浜開国博」に行って参りました。
会社から歩いて10分くらいの距離でやっています。

息子は既に小学校の遠足で一通り見ていたようで、物知り顔で何かと説明してくれました。

広い会場に、横浜の歴史とECOをテーマにした展示が並んでいます。
あまり混んでいなかったのは幸いですが、全部廻ると結構汗だくになりました。

中でも、一番印象に残ったのは、やはり「ラ・マシン」。

「所詮、人間が動かしているんじゃん」とか、「クモかよ。ゾウのほうが良かった」とか「たった20メートル動くだけかよ」とか、あまり期待せずに見たのですが、いやいや意外に良かったです。感動しました。

8人がかりで動かす足は妙に生物的で、普通は騒々しいとしか思えないモーター音もその物体が動く説得力になっています。

モーター音(40秒)

最初は大音量で、若々しかったモーター音が、後半徐々に小さくなってゆきます。最後には動きは停止し、静寂が訪れます。

ピッコロを中心としたBGMと相まって、誕生から死までを、その20メートルでドラマチックに表現した「作品」になっていると感じました。
「巨大スペクタクルアート劇団」というキャッチフレーズがやっと分かりました。

ちなみに何故クモか?という説明もパネルにありました。
クモの糸はWEB。現代のインターネット社会を意味しているとのことです。

今週から夏休みですが、是非皆さん来場されることをお勧めします。

クモは水も吐きますが、水分補給のための水も忘れずに!

(一)

(English)

"Yokohama Foundation Expo Y150 La Machine"

I went to the "Yokohama Foundation Expo" with my family.The event took place in a distance of around 10 minutes by foot from the company.

My son have already went to the Expo on the elementary school excursion, and explained it in a know-it-all attitude.

The exhibitions that featured the history and ECO themes of yokohama formed a row in the large expo area.

We were fortunate that it was not so crowded , but, was drenched with sweat after seeing it all.

Above all what was most impressive in my opinion was "La Machine".

"After all it is just a human motion" and "Is it a spider? It had better been an elephant"and "It is moving just 20 meters!" At the beginning I watched it without any expectations, but, after all I was very impressed.

Moving the spider's legs using 8 people looked strangely biologic, and the noisy sound of the motor persuade me that it is the power which is necessary for the spider to move.

Sound of motor(40 sec)

At the beginning the motor sounded as a blast, but step by step the noise shrank. and finally quietness comes.

The spider show was combined with a BGM of a piccolo, and the dramatic event is when the spider walks for 20 meters while "In work".

At last I understood the catch phrase "The Hugh spectacle art theatrical company".

By the way, why a spider? There was an explanation on the Expo's panel, "The spider silk is like the WEB. It describes our modern internet society".

From this week summer vacation is starting I recommend to all of you to go and watch the Expo.

Although the spider splashes water , I recommend you not to forget to drink much water in order not to get rehydrated.

「パイプオルガンの音色」

先月、ベルギーの首都ブリュッセルにあるサン・ミッシェル大聖堂を見学しました。サン・ミシェル大聖堂は、13世紀に建築が開始され、300年かけて完成されたというゴシック様式の教会です。

内部には大きなパイプオルガンがあり、見学した時間にちょうど演奏が行われていました。ちょっと音が悪いのですが、携帯で録りましたのでお聴き下さい。

パイプオルガン(15秒)

パイプオルガンの音色はほかのホールや結婚式場、CDなどで何度も聴いたことがありますが、この時ほど荘厳に聴こえたことはありませんでした。
音そのものが優れていたというよりも、大聖堂の高い天井、ステンドグラスや彫刻がそのように感じさせたのでしょう。
音楽を聴くときは、周りの環境(視覚効果)も重要だと思わされる体験でした。

Stainedglass_2

(幸)

(English)

'Pipe organ tones'

I observed the sun Michelle sanctuary in the Belgian capital Brussels last month. The sun Michel sanctuary construction has started in the thirteenth century, and took 300 years until completion as a Gothic church.

There was a big pipe organ inside, and a performance took place during my visit. Since I recorded it with my mobile phone the sound quality is slightly bad.

pipe organ(15 sec)

I've heard the tones of the pipe organ in marriage ceremonial halls and in other halls and from CD's many times, but have not heard it as solemnly as this time.

Not just that the voice as itself was superior , but also the high ceiling, stained glass, and the sculpture itself contributed to the atmosphere.

I realized that when listening to the music, not just the sound itself, the environment (visual effects) is very important.

CDのエンファシス

先月末に世界的に有名な歌手のマイケル・ジャクソンさんが亡くなるというショッキングなニュースが流れました。

私がマイケル・ジャクソンさんの曲を初めて聞いたのは中学2年生のときでしたが、当時流行ったアルバム「スリラー」をLPレコードからカセットに落としたものをたまに聞く程度で、それほど熱狂的でありませんでした。ただ、その年の学校の体育祭では、応援合戦の際に、あるクラスがそのアルバムの「Beat it」という曲に合わせて、クラス全員が踊るという応援をしていたのをはじめ、ほとんどのクラスがBGMにそのアルバムの曲を使っており、すごいブームであったことは記憶しています。

別の話でこの「スリラー」というアルバムで思いだされることがあります。
時代がアナログのレコードからデジタルのCDに移り、自分でもようやくCDプレーヤを持つようになり、アルバム「スリラー」をCDで聴いたときの話です。
この「スリラー」を再生すると、自分のCDプレーヤの今まで点灯したことの無い位置のLEDが点灯していました。よく見ると「Emphasis」と書いてあります。
CDについて知識が薄く、この「Emphasis」についても知らなかったので調べてみたところ、音質を確保するの手段の1つであり、録音時にあらかじめ音声の高音域を強調しておき(プリエンファシス)、再生時にはその高音域のレベルを下げる(ディエンファシス)ことにより、高音域のノイズを抑えるという技術であることがわかりました。

これはデジタル系に比較して、当時のアナログ系のSNがよくなかったため、もともとのレコード用アナログソースに対し、アナログ系の残留ノイズを聴こえにくくするために入れていたのだと思います。また、今の音楽CDではわざわざその様なことはしていないそうですが、それは当時に比べてアナログ系の技術もかなり進んだということだと思います。

このアルバムは全世界で1億500万枚売れたそうですが、いい機会なので、また「スリラー」を探し出して聴いてみたいと思います。

(土)


(English)

"CD Emphasis"

At the end of last month, shocking news were spread that Michael Jackson, one of the world's famous singers, has died.

It was when I was just in the eighth grade that I heard the music of Michael Jackson at the first time.At that time I dropped the popular "Thriller" from an LP record to a cassette, but I did not listen to it so often.

At the yearly Athletic Festival event , I can remember that "Thriller" was a great boom, most of the classes at that time used that album for their BGM, one class had performed the song "Beat it" which is also from the same album.

Another story that I can remember about "Thriller", is the time when analog records started to be converted to digital cd's. At that time I purchased my first cd player and started listening to "Thriller",

A led which was not turned on until now, suddenly turned on when I replayed that cd. When looking carefully I saw that "Emphasis" was written, I do not know much about cds, but, when searching about "Emphasis" I found out that it is a system which is used in order to minimize high-tone range noise distortion.The whole system is divided to Preemphasis and Deemphasis.

Preemphasis is used while recording for increasing the high-tone range(treble), and ,Deemphasis is used while replaying for decreasing the high-tone range(treble).

At that time analog SN techniques were not so good, and that technology was used in order to reduce Analogical Noise while recording.

In comparison to back then , today's analog system technology is much more advanced and that noise reduction system is not used in the present music cds.

"Thriller" seems to have been able to sell 105,000,000 worldwide. And since it is a good opportunity , I want to listen to "Thriller" one more time.

「音と写真」

2年前のことですが、その年にうちの子供が保育園を卒園しました。その時期はWIIを購入したてのころで、いろいろ家族で遊んでいました。そのWIIの中に「写真チャンネル」というソフトがあり、試しに保育園の卒園の写真や小さいころの子供の写真を見てみようということになりました。

そのソフトは写真のスライドと同時に”懐かしい”や”たのしい”等のスライド表示の仕方や音楽を設定できるので、そのときは”懐かしい”を選択しました。

写真を見ているうちにいつのまにか子供が泣いて、音楽を替えてと訴えれました。子供ながら音楽に影響されて保育園の時の思い出の感情が湧き出してきたのだそうです。

普通に聞く分にはいい曲だなぁと感じるだけのところを、思い出の写真と組み合わさった ところで更なる相乗効果を生み出すところに関心しました。おそらくただ写真を見ているだけでは周りの音(テレビの音や家庭の音)で視覚だけでは引き出せられない何かがあるんだと思いました。

例えば家の両親ももう亡くなっていないのですが、思い出の写真にそのときの声が流れるような機能があれば絶対泣けるなと思いました。(動画と写真の違いはありますが...)

ちなみにその後に”たのしい”で写真をみたところ子供は楽しく見ていました。懐かしいその音楽はインターネットで調べたところガブリエル・フォーレ(1845-1924)の組曲(ドリー)の(子守唄-Berceuse)だそうです。

You tubeで上のキーワードで検索して聞いてみてください。
あなたはどう感じますか?

(樫)


(English)

"Sound and Image"

Two years ago my son graduated from the kinder garden.At that time I bought WII and we all enjoyed using it. One of the features of the WII is the Photo Channel , I inserted the photos of the kinder garden graduation ceremony and the children early childhood.

Under the photo feature there is "MOOD" and "FUN" slide show ,and, music can be selected as well. At that time I selected "MOOD".

While seeing the photos , suddenly, my son started to cry, so I immediately changed to music. Apparently children are also being emotional when listening to nostalgic music and, the music at the graduation ceremony at that time brought back memories.

It was interesting that when just listening to the music it was just as regular, But when combining the music with the pictures then, an extra effect is born.Maybe, when just seeing photos while there are other sounds (from the television, of the house ) around, there is no extra effect.

For example, if the pictures of my parents were displayed along with the sounds of that time, the children will definitely cry again.

By the way, when viewing the "FUN" photo channel the children enjoyed very much.The music played at the graduation ceremony was Gabriel Faure's (1845-1924) Dolly Suite, "Berceuse".

Please try to search the keyword "Faure Dolly Suite Berceuse" in YouTube.

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »