« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

「この鳴き声は?」

自宅の庭の古木の方から、よく聞こえてきた鳴き声です。
「ホーホー ホーホー」
この鳴き声の主、分かりますか?

答えは鳩なのですが、私は幼少の頃フクロウだと思っていました。

大分昔の事で定かではないのですが、フクロウだと思っていた理由は、泣き声から想像するにフクロウの姿マッチするし、鳴き声はすれど姿を見せなかった習性がフクロウに似つかわしいと思ったからと思います。

自宅付近では、鳩が飛んでいるのを見た事がなかったので、鳩の鳴き声だなんて想像すらできなかったです。
長らくフクロウの声だと思いこんでいたのですが、ある時、鳴いている姿を見つける事ができ、声の主が鳩であると分かった時、フクロウがいるわけないよなぁと落胆したと記憶しています。

鳩(10秒)

(行)


(English)
What is this chirp?

I could hear very well a crying sound from the ancient tree of my garden(whowho whowho).
Can you tell what kind of bird is crying?

The answer is a dove, but, during my early childhood I thought that it is an owl.

It was quite a long ago so I am not so sure, but, the reason of thinking it is an owl is that the cry is similar, and the typical behavior of not showing up.

I could not even imagine that it is an owl, because I never saw an owl flying near my house.

I thought it is an owl for a long time, but when I found the crying bird, even then I remember a sense of disappointment.

「通勤時の音風景」

私の住んでいる町は、今 都市開発により駅前がめまぐるしく変化し、沢山の高層ビルが建てられています。

少し前までは、昔ながらの商店街が駅前まで続き、さほど広くない歩道が朝、帰りの通勤時間帯には行きかう人でいっぱいになってしまうような感じでした。

そんな中でも、朝早くから開店の準備をしている八百屋さんや魚屋さんは、大きな声で「おはよう。おはよう。」と挨拶してくれ、商店街にすみつく野良猫の鳴き声、すずめ達のさえずりなどを聞きながら駅まで向かっていた事が懐かしく思い出されます。

野良猫の鳴き声(10秒)

すずめのさえずり(16秒)

今では町もすっかり様変わりし、工事中の金属音などの騒音の中、高層ビルを横目に駅に向かう短時間、せかせかと歩く人たちの靴音しか聞こえなくなってしまった事は、とても残念なことだと思います。

(晴)


(English)
"The soundscape while commuting"

The urban development in front of the train station continues rapidly and tall buildings are constructed, in the city where I live.

Until not long ago, just traditional retail shops had been lining up continuously until the train station, but now, during the morning rush, the side walk is drafted by crowd of people returning from their working place.

I can remember the vegetable and fish dealers greetings in a loud voice "Good morning Good morning", the town cats cry, the sparrows twitter, while walking towards the train station every morning.

A town cat cry(10sec)

A sparrow twitter(16sec)

I think that it is such a pity that nowadays the city soundscape is changing completely, while walking towards the station I can only hear someone's footsteps or the metallic noise of construction works.

「音の高さの基準」

オーケストラが始まる前に、舞台上で皆で「ラ」の音を出してチューニングをしていますが、なぜ「ラ」なのでしょう。

説明としてよく挙げられるのは、弦楽器の開放弦(弦を指で押さえない)に「ラ」の音があり、音が合わせやすいことと、また音の高さの基準の音が「ラ」と決められていることが主な理由です。

現在、「ラ」の標準の音は440Hz、となっていますが、これは、今から70年前の1939年に、ロンドンで開催された第2回 国際標準音会議において決められたものです。(一説によると、赤ちゃんの泣き声が440Hzだったからそう決まった、と言われていますが、真偽の程は…?)

実は、音楽の長い歴史のなかで、音の高さの基準はその時々で変わっており、時代や地域によってもバラバラで、たとえばバロック音楽の時代には、今よりも低い基準(415~430Hz)で演奏されていたり、逆にイタリアルネサンス期には、半音近く高かったり(466Hz)したようです。

現代の電気的な楽器は、440Hzに合わせてありますが、オーケストラの実演などでは、今でも、楽団や演目などによって、意図して442Hzなど少し高めの基準で合わせていることも多いと聞きます。理由は、音色が華やかになるから、とのことですが、2Hzでそれほど違いが出るものでしょうか。確かめてみましょう。

以下は、実験用に作成した、基準音が440Hzのものと、442Hzのものです。
いかがでしょうか。*ブランデンブルク協奏曲第5番(J.B. BACH 作曲)

440Hz(16秒)

442Hz(16秒)

言われてみれば、442Hzのほうが少し明るい雰囲気かなという気もしますが、音の高さの違いとしては、明確に感じられないかもしれません。(演奏としては、違和感を感じないほうが都合が良いでしょう。)

(佐)
(English)
"The standard pitch of sound"

Do you know why, before musical performance, orchestra bands tune their musical instruments using the musical note "la" ?

The common explanation is that the open string in string instruments is adjusted to be the musical note "la".(pushing the string is not needed) The main reason is that "la" is very easy to adjust and as a result is configured as the standard pitch.

Nowadays, the standard pitch of "la" is set to 440Hz, that value was decided during the second international standard for sound conference which was held in London 70 years ago in 1939.(I wonder if it is true but, it is said that the standard pitch sound of a crying baby is 440Hz)

Actually , during the long history of sound the standard pitch had been changed several times in different periods and areas, for example, during performances in the period of the baroque music, the sound standard pitch was lower(415-430Hz), And on the contrary in the period of the Renaissance in Italy the standard pitch was half tone higher.(466Hz)

Nowadays, electric instruments are adjusted to 440Hz but it is heard that most of the current orchestra bands intend to adjust the standard pitch to a little higher value of 442Hz before the performance.
The reason is that the timbre is more brillante, but is 2Hz difference actually noticeable by the listeners?
Lets make a little experiment.

I prepared two sound samples, one with a standard pitch of 440Hz and another of 442Hz.
*Brandenburg concertos No. 5(J.B. Bach composition)

440Hz(16sec)

442Hz(16sec)

Has mentioned before, the 2Hz difference in the standard pitch is not so noticeable, however, the 442Hz sample seems to have a cheerful atmosphere.(For a real performance, the one that feels a sense of pleasance will be the optimum)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »