« 「音で光るTシャツ」 | トップページ | 「秋を感じる音」 »

「最古の電子楽器」

友人から「テルミンが付録の科学雑誌があった、面白いから今度あげるよ」と言われました。
テレビでしか見たことがないテルミン、変な音だなと思っていましたが、付録とはいえ手元に来るとなると急に楽しみになってきました。

テルミンとは、世界初の電子楽器と言われているものです。1920年に旧ソ連のテルミン博士によって発明されました。
ウイ~ンヒュイ~ンと不思議な音がして、昔の恐怖映画やSF映画の効果音によく使われていました。

一見すると、箱から2本のアンテナが出ているだけで、ラジオのようにも見えます。アンテナに手をかざして、手とアンテナとの間の距離を変えると、周波数が変わります。手の位置によって音程が変わるので演奏することができます。宙に手をかざして演奏する様子は、なんとも不思議です。

下記サイトで、テルミン奏者の方のムービーが見られます。
テルミン博士の娘さんや親族の方が弾いておられます。
http://otonanokagaku.net/feature/vol10/index.html

(津)

« 「音で光るTシャツ」 | トップページ | 「秋を感じる音」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「音で光るTシャツ」 | トップページ | 「秋を感じる音」 »