« 見えなくても、わかる | トップページ | 音楽を聴くと仕事がしたくなる? »

音のちから

アニモはJR関内駅から徒歩3分もかからないところにあります。
移動の際は関内駅から京浜東北線に揺られて移動することがほとんどです。

最近、京浜東北線の電車の中は、トレインチャンネル(デジタル広告)が流れていて、見ていると飽きません。
個人的にはサッポロビールが提供している「繁盛店の逸品」を楽しみにしてます。

いつものようにトレインチャンネルを見ていると、おもしろい実験の映像が流れていました。NHKエデュケーショナル提供「音でワイングラスを割る」という実験です。
グラスの割れやすい周波数の音を、スピーカーをグラスに向けて流します。
すると、グラスが震えだしボリュームを上げるとグラスは割れてしまいます。
普段、なにげなく耳にする音、音声ですが「ちから」が備わっているということを改めて感じる映像でした。

今年は、オリンピックイヤーで各国熱い声援が送られると思いますが、声援も選手に「ちから」を運ぶと思います。

(加)

« 見えなくても、わかる | トップページ | 音楽を聴くと仕事がしたくなる? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 見えなくても、わかる | トップページ | 音楽を聴くと仕事がしたくなる? »