« マナーモード | トップページ | 学習における音読の効果 »

思い出の曲をもう一度

音楽というと最近は、スマホのiTunesで買うことが増えました。欲しい時にすぐ買えて持ち歩けるのはとても便利です。
CDコンポは壊れて捨ててしまったので、家ではPCで音楽を聴きます。iTunes購入の他、音楽CDからPCに取り込みますが、作業が億劫で特別に好きな曲しか取り込みません。そのため、聴かなくなってしまったCDがたくさんありました。

PC+外付けドライブでCDをかけられますが、回転音がうるさくて却下。
何かないかとリビングを見渡すと、テレビ台の中に眠っているプレステ3と目が合いました。そしてその横には、パイオニアのブルーレイプレーヤーも。
考えてみたら、どちらとも音楽CDも聴けるはず。テレビをつけて早速試してみたところ、どちらもすんなり実現しました。
ブルーレイプレーヤーは実にシンプルで反応よく、リモコン操作も簡単。プレステはゲームコントローラーでの操作が面倒だけど、ゲーム機らしく操作画面の背景が美しい。テレビには別スピーカーを繋いであって音も満足。実にあっけなくCD問題が解決しました。

CDは解決したのですが、そういえば若い頃に溜め込んだMDディスクが捨てられずに、本棚の奥にしまったまま…。MDウォークマンはまだたぶん動くので、スピーカーに繋いでみようか。
私があのMDウォークマンで何度も繰り返して聴いていたのは、1998年にローリン・ヒルというアーティストが大ブレイクしたアルバムだったと、ふと思い出しました。
今となってはiTunesで買い直すこともできるし、Youtubeで検索すれば丸ごとアップされているのを(音質を気にしなければ)聴くこともできるんですけれど。
なんか悔しいから、とりあえずMDをもう一度かけてみたいと思います。
面倒になったら、iTunesで買ってしまいそうではありますが…。

「The Miseducation of Lauryn Hill」(iTunesページへ)

(津)

« マナーモード | トップページ | 学習における音読の効果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マナーモード | トップページ | 学習における音読の効果 »