« フォルムと音の美しさ | トップページ | 箱根駅伝 »

クリスマスの鈴の音

クリスマス目前となりました。横浜はたくさんのイルミネーションやプロジェクションマッピングなどで夜な夜な素敵なイベントが目白押しとなっていて、今年も多くの観光客が訪れて賑わう事となりそうです。 光の演出が目に付く近年ですが、私が子供の頃は自宅でひっそりと定番のクリスマスソングを家族で聴くことが定番だったのを思い出します。

クリスマスのBGMに注目すると「ベル」「鈴」の音が多く入っていますね。 その由来を少し調べてみました。

キリスト教の教会では、礼拝のお知らせとして鐘を鳴らしますが、『キリストからのお知らせ=よきお知らせ』という意味があるそうです。 クリスマスはイエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である行事なので、同じように『鐘の音=よきお知らせ』が鐘の音に込められているようです。

「シャンシャン」という鈴の音は『羊飼いが鈴を鳴らす=羊の群れを導く』ように『キリストが鈴を鳴らす=人々の群れを幸せに導く』という説があるようです。

これまで特に気にしていなかった音ですが、意味のある音と理解する事でこれまでとは違った印象でクリスマスソングを聴く事ができそうです。

(理)

« フォルムと音の美しさ | トップページ | 箱根駅伝 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フォルムと音の美しさ | トップページ | 箱根駅伝 »