« 2020年 東京オリンピック | トップページ | クリスマスの鈴の音 »

フォルムと音の美しさ

先日、座間の方に買い物に行った際に、3階の屋上の駐車場で、なんとオスプレイが飛んでいるのを目撃しました。二機のオスプレイが編隊を組んで着陸していく様子でした。ヘリコプターのようにプロペラが上を向いて回っていました。

下降中ということもあり、結構低空を飛んでいて、大きい!とよく飛んでいるなという印象です。なんか無理やり飛んでいる感じです。

後、音がうるさい。大型のヘリコプターよりももっと重々しい、頭を押さえつけるような音でした。物理的な圧迫感というか空気が固体化して当たる感じです。

飛行機は、空気抵抗を小さくして、かつ浮力を得られるように設計した結果、フォルムが美しくなり、機能美があると思っていますが、オスプレイはそれが無い。フォルムが美しくないと音もバタバタとしたものになるんでしょうか。

調べてみると神奈川県のホームページに「オスプレイの飛来関連情報」という詳細なページがありました。

(鈴)

« 2020年 東京オリンピック | トップページ | クリスマスの鈴の音 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年 東京オリンピック | トップページ | クリスマスの鈴の音 »