« 水琴窟 | トップページ | 音のないサッカー »

チャント

サッカーのワールドカップ2018ロシア大会が始まりました。 昔、仕事の関係でドーハ(1993年)とジョーホールバル(1997年)、悲劇と歓喜の2つの大会を幸運にも現地会場で見る機会に恵まれました。 今や日本代表の本戦出場は当たり前のようになっていることに、時の流れを感じます。

アフリカ・中東地域では、空き地があれば子供たちがサッカーをしている光景をよく見かけます。サッカーは貧しくても空き地とボールさえあればできるスポーツとして、この地域の国々では広く根付いており、とても盛んです。 現在欧州チームで活躍中の選手にも、この空き地出身の選手が多くいます。 また、かなり遅れてではありますが、今、東南アジア諸国でも徐々にサッカーの人気が高まっています。

各国の熱狂的な応援ぶりもまた、ワールドカップの面白みの一つ。 様々なチャント(Chant)も雰囲気を盛り上げますね。今大会ではアイスランドの出場とそのバイキングクラップが話題になっています。日本のJ1チームの勝利パフォーマンスでも使われているもので、ご存知の方も多いと思います。 逆に日本産のチャントが海外にも出ていっています。その中で今、密かにインドネシアのチャントが観客の揃い方・一体感で評判になっているようです。

さて、そろそろまたテレビ観戦の時間です。日本代表の応援もさることながら、スーパープレイの観戦で、テレビの前を離れられない期間が暫く続きそうです。

(模)

Iceland celebrations vs England in full: Slow hand clap

【日本産】海外に広まったチャント まとめ

« 水琴窟 | トップページ | 音のないサッカー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水琴窟 | トップページ | 音のないサッカー »