« 風の鈴 | トップページ | コオロギの鳴く回数で気温がわかる »

"AIJO"のAI

先日、久しぶりにコンサートを見に行きました。ほぼ満席状態の小さなホールで、 内容はクラシック音楽でした。

日本の演奏会などでとても気になるのは途中の「咳払いタイム」です。外国にも 見受けられますが、複数人がわざとらしく同時に咳払いをするシーンはとても日本人 らしいです。他人に迷惑をかけないという心理が非常に強いことの表れなので しょうか。

とはいえ、小さい子供にはまだその意識がなく、音をうまくコントロールできな いため、ついつい親に叱られてしまいます。

自分の声や自分から出る音が相手にどのように聞こえ、どう受け止められるかの 感触が身につくまで数年の試行錯誤が必要です。声が小さいときは相手にされず、 大きすぎるときは注意されることの繰り返しで、子供は次第にコツをつかんでいきます。

一方、人工的に音声を駆使する機械(カーナビなど) の場合、「人格」が求められるわけではなく、期待されることは単に機能を確実に 全うすることにつきるため、「空気を読む」などといった高度な知能は不要です。 ただし、話し相手がAIスピーカーからバーチャルアシスタントやロボットなどへと 進化するにつれ、人はよりスマートな振る舞いを期待するようになります。

ところで、人間も成長するまで長い学習期間を必要とすることを考えれば、機械も 高い知能レベルを達成するまで「教育」してあげなければならないことに納得しますね。 ただ、人間の場合、根気よく注意したりほめたりする周りの人の「愛情」が重要な要素になります。 機械の場合、だれが愛情を注ぐのでしょうか。

そう考えているうちにコンサートは終わりを迎えました。横にいた小さい子供はいつの間にか 親によってホールから連れ出され、もうそこにはいませんでした。

(桜)

« 風の鈴 | トップページ | コオロギの鳴く回数で気温がわかる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風の鈴 | トップページ | コオロギの鳴く回数で気温がわかる »